お悩みの方へ
パニック発作 ◆ 次の様な症状が突然、4つ以上発症し、10分以内にその頂点に達すると感じた場合、パニック障害を疑っていいといえます。
1. 動悸、心拍数の増加
2. 発汗
3. 身震い、または震え
4. 息切れ感、または息苦しさ
5. 窒息感
6. 胸痛、または胸部の不快感
7. 吐き気、または腹部の不快感
8. めまい、ふらつき、頭が軽くなる感じ、気が遠くなる感じ
9. 現実感の喪失
10. コントロールを失う、精神のバランスを崩すことに対する恐怖
11. 死ぬのではないかという恐怖
12. 異常感覚
13. のどが渇く

■ パニック障害はパニック発作を起こすことにより、「また、発作が起きるのでは」という不安(予期不安)が生じ、外に出るのも怖くなってしまいます。

■ パニック発作は電車やバスの中、人ごみの中、家に1人でいるときなど決まった場面で起こりやすくなります。

■ パニック障害は100人に3~4人が罹患している、それほど珍しい病気ではありません。



デイナイトケアのご案内